Yuko Agena Official Site

夢が叶いつづける手帳術

安慶名 勇子(あげな ゆうこ)

「夢が叶いつづける手帳術」著者。
・A'sCourage LLC代表
・AcePlus LLC代表
・Exイントレ協会理事・講師

私のオフィシャルサイトへようこそ。このサイトでは手帳術や能力開発に役立つイントレの情報を主にお伝えしていきます。どうぞお楽しみくださいませ!
詳しいプロフィールはコチラ

「夢が叶いつづける手帳術」 サイン入り書籍好評発売中

叶える人は実践している!88個の手帳活用術メールマガジン

book

© Yuko Agena Official Site All rights reserved.

15カ月分ある手帳を有効活用する方法

Pocket

みなさまがお使いの手帳は、何か月分の予定が書けるようになっていますか?

ほとんどの手帳は1年分以上書き込めるようになっているはずですが、次に手帳を買い替えるタイミングが今年と同じ時期だったとすると…実質12カ月分しか使用せず、手帳の後半部分は使用せずに終わってしまうことになります。

せっかく買ったのだから、最後まで使いきりたい!という方におススメの「余分なカレンダーの活用方法」についてご紹介いたします。

使用しないカレンダーは自由に使う

私が使用しているラコニックの手帳は、9月始まり-翌年12月までという、なんと16カ月分のカレンダーがついています(太っ腹!)。私は9月スタートの手帳を毎年使用していて、8月には次の手帳に買い替えていますので、10月~12月のカレンダーはほとんど使用しません。

どうせ使わないのなら自由に使ってしまえー!…と、こんな風に使っています。

・望想計画を立てる
・理想のスケジュールを書く
・星取表として使用する

望想計画を立てる

この望想計画はマンスリーページで行っています。年末に大型連休を作るとしたらここから休みを取って、いつ帰ってくるのかを書き込んでしまいます。どこに、誰と行くのかを想像しながら書くのです。

これは、あくまでも「望想」の予定なのですから、実際のスケジュールがどうであろうとおかまいなし。自由に書いてOKです。「仕事の予定があるから行けない」「家族に反対されるから無理だろうな」と、書かないのではなく、それでもあえて「書いてみる」のが大事です。

10日間ほど旅行に行く望想をして、マーカーでピーーッとカレンダーに線を引く快感…ぜひ味わってみてください。

やってみるとよくわかるのですが「ああ、こんなに休めると気持ちいいだろうなー!!」という感情が芽生えてきます。この感情を味わうことが「どうやったらこんな連休を取れるのだろうか?」という思考を育てることにつながるのです。

実現不可能だと今は思っていたとしても、あえて大型連休の予定を立ててみてください。

この望想、私は現実化しておりまして…今では年末に2週間~3週間の大型連休を確保できる生活にシフトチェンジできています。「こんな生活できたらいいなぁ」と考えていなかったら、今でも実現していなかったでしょう。

望想計画って、無駄なことではないんですよ。

理想のスケジュールを書く

これはウィークリーページで行っています。現実と理想の比較をよく行っていますが…その効果、絶大です。なんとなく過ごす1日から、理想の生活へと軌道修正する思考を身に付けることにつながるのでぜひやってみていただきたいことです。

まずは大雑把でかまいませんので、使用しないウィークリーカレンダーに現在の過ごし方を記入していきます。「月曜日は朝9時に出勤して17時に帰宅、それから買い物に行って夕飯を作って…」という具合に。

月曜日から日曜日までの1週間のスケジュールを書き込み終えたら、次の週には理想の1週間の過ごし方を記入してみます。「朝は小鳥のさえずりで6時ごろ目が覚めて、軽くヨガ。それから自作したパンとフルーツジュースで朝食、その後は新作デザインのお洋服を買いにショッピングへ…」という風に。

考えるだけでも楽しいですよね!ワクワクすること間違いなしです!

そして、書き込み終えたら、現実のスケジュールと理想のスケジュールを比較してみましょう。そのギャップに落ち込む必要は全くありません。ただただ、眺め見るだけでOKです。

比較するといろいろなことに気づくはずです。

・自分が大事にしている価値観
・手に入れたいと思っている生活の質
・今でもできることがあること
・その生活を手に入れるために必要な準備

そこから具体的な行動計画(タスクリスト)に落とし込んでいけば、今やるべきことが見えてきます。やる気を生み出す原動力になるのです。

星取表として使用する

新しい習慣を身に付けようとしたときに大事なのは「継続を視覚化すること」です。以前ご紹介した星取表もぜひお読みください。

新しく始めること、または止めること。カレンダーの数字を日付として使うのではなく、1日目、2日目…と読み替えて使っていくのです。1ヶ月分の見開きを1つの習慣化に使用した場合、4カ月分のマンスリーページが、4つの習慣を身に付けることができるようになりますね(16カ月分ある手帳の後ろ4カ月を使用した場合)。

また、1月1日から何か新しいことを始めたい!という場合に使えるカレンダーの裏技をひとつご紹介いたします。

うるう年以外の平年の場合、1月と10月は同じ曜日になることをご存知でしたか?それを利用すると、10月のカレンダーを1月のシミュレーション用として自由に書き込んでみたり、1月から始めた新しい習慣を記録する場所として使用したり…ということにも使えるのです。

※ 西暦、または平成の年号が4で割り切れる(余りが出ない)年はうるう年です。2016年(平成28年)は4で割ると余りゼロ。割り切れるため、うるう年となります。平年の場合、1月1日と10月1日は同じ曜日となりますが、うるう年の場合、10月の曜日は1曜日後ろにずれることにになります(1月1日が火曜日だった場合、10月1日は水曜日)。

いかがでしたか?余分なカレンダーも有効に使う方法、ぜひお試しくださいませ。

手帳はモチベーションマネジメントツールなのですから、ワクワクを作り出すための使い方を盛り込んでいきましょう!

Pocket


今すぐ実践できる88個の手帳活用のコツをお届けしています!毎日配信の無料メールマガジン「叶える人は実践している!88個の手帳活用術」へのご登録はコチラからどうぞ。

叶える人は実践している!88個の手帳活用術 読者登録フォーム

お名前
姓: 名:
メールアドレス

※「夢が叶いつづける手帳活用塾」メールマガジンにも自動登録されます



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【雑誌】スクール情報誌えら部:イントレコラムvol.10「イントレで何が変わるの?」

人生が変わる!大人の速読 ーイントレー 速読が進化!大人のための「自己実現教育」 スクール情報誌えら部に連載しているイントレ…

【雑誌】スクール情報誌えら部:イントレコラムvol.09「独学で習得はできる?」

人生が変わる!大人の速読 ーイントレー 速読が進化!大人のための「自己実現教育」 スクール情報誌えら部に連載しているイントレ…

動画販売開始!8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタIN沖縄

お待たせいたしました! 10月23日(日)に沖縄県浦添市の結の街で開催された「8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタIN沖縄」のDVD…

アゲナ式手帳術ベーシック(理論編)コース募集開始(3月)

アゲナ式手帳術ベーシック(理論編)コースは ・ 手帳がなかなか続かない ・ 手帳を使う意味がよくわからない ・ ワクワクする…

アゲナ式手帳術ベーシックコース募集開始(2月)

アゲナ式手帳術ベーシック(理論編)コースは ・ 手帳がなかなか続かない ・ 手帳を使う意味がよくわからない ・ ワクワクする…

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます! いよいよ2017年がスタートいたしました。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 何といっ…

今年もお世話になりました!プレゼント企画

2016年も大晦日になりました。 1年経つのは本当に早いものですね。今年立てた目標は達成できましたか? 私自…

思考のデトックスを行うにあたって。プレゼント企画あり

年末年始、みなさまいかがおすごしでしょうか。各SNSでアップしている通り、私は現在バリ島にきています。 半年に一度必ず行っている「思考…

アゲナ式手帳術ベーシックコース(理論編)のご感想

アゲナ式手帳術ベーシックコース(理論編)が先日行われました。 アゲナ式手帳術でお伝えしている理論は、潜在意識の仕組みや脳科学・心理学の…

チャンスの目利きの鍛え方

8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタIN沖縄の最後のあいさつで、私は「チャンスの目利きができる女性になりましょう!」と話したのですが、…

【ラジオ・動画】Yukiぞうスコーンの仲間幸代さんをゲストに!

2016年10月25日(火)放送分の、ぎのわんシティFM「安慶名勇子のビジョナリーライブラリー」の動画をUPいたしました。 今回のゲストは…

8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタIN沖縄 大盛会にて終了!

カリスマ婚活コンサルタントの澤口珠子さんが全国展開しているイベント「8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタIN沖縄沖縄」が大盛会にて終了…

「自信をつけるのは簡単」と私が話す理由

「自分に自信がないんです…」と話す方、相談にいらっしゃる方、とても多いのですが…私はそのたびにお話していることがあります。 それが今回…

ページ上部へ戻る