Yuko Agena Official Site

夢が叶いつづける手帳術

安慶名 勇子(あげな ゆうこ)

「夢が叶いつづける手帳術」著者。
・A'sCourage LLC代表
・AcePlus LLC代表
・Exイントレ協会理事・講師

私のオフィシャルサイトへようこそ。このサイトでは手帳術や能力開発に役立つイントレの情報を主にお伝えしていきます。どうぞお楽しみくださいませ!
詳しいプロフィールはコチラ

「夢が叶いつづける手帳術」 サイン入り書籍好評発売中

© Yuko Agena Official Site All rights reserved.

「自信をつけるのは簡単」と私が話す理由

Pocket

「自分に自信がないんです…」と話す方、相談にいらっしゃる方、とても多いのですが…私はそのたびにお話していることがあります。

それが今回のタイトル。「自信をつけることは簡単」ということです。様々な見解はあるかと思いますが、私がなぜそう思うのかについてお伝えしようと思います。

「自信」とは何か

そもそも「自信」という言葉の意味は何なのでしょうか。goo国語辞典にはこう載っています。

自分で自分の能力や価値などを信じること。自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないこと。

この、本来の意味とは違った解釈をしている場合もあるかと思うのです。「自信がある」というと、

・傲慢な態度
・威張っている
・自分の主張を通す頑固さ

を連想している方もいるのではないだろうかと推測するのですが、本来そういう意味ではないのですよね。

自信が示す意味は、goo国語辞典にもあるように大きく分けて2つ。

・自分の能力や価値を信じること
・自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないこと

逆説的に考えると…この2つの要素に対処してしまえば、自信は身に付くということになりませんか?

「ある」にフォーカスする思考を身につける

「自分の能力を信じることができない」「自分の価値を信じることができない」と思う理由はなんでしょうか。過去の記憶をさかのぼってみてください。トラウマになっている出来事や習慣が見つかるはずです。

思考のデトックス合宿でも過去にさかのぼって洗いざらい記憶を出していただくのですが、おそらく、幼少期の頃に大人にいわれた些細な言葉やそれがきっかけで傷ついた出来事が出てくるのではないかと思います。

その頃は心を扱う器用さも持ち合わせていなかったはずですし、自分を守るためには自分の気持ちを抑え、大人の言う事を聞いたり、周囲に合わせたりするしか選択肢がなかったわけです。

しかし…今はどうでしょうか。

人間関係も環境も違うはずですし、心を扱う知識も増えているはずです。それでも苦しい理由は何なのか。

これ…私は幼い頃に身に付けてしまった思考習慣が原因だと考えているんです。

私たちが幼少期から「書かされてきた」作文や日記、学習日誌、日直日誌、文集…といったものは

反省 ⇒ 改善

の順で「書かされて」いなかったでしょうか。

「今日は○○が上手くできなかったので、明日はできるように頑張る。」
「昨日○○を意識しようと決めたのに、できなかった。明日は頑張る。」
「私は○○は苦手ですが、○○になら貢献できると思います。」

という風に。

なぜ

「今日は○○ができた!明日はもっとうまくできるように頑張ろう!」

というプラスからプラスへ移行する文章を書くよう、指導されなかったのか…。または、自らそんな文章を書かなかったのか。

日本特有の文化「謙遜」「遠慮」「つつましさ」こそ美徳だと考える風習が背景にはあるかもしれません。できることを伸ばす教育体制でなく、できないことを改善する平均化が望まれる時代だったのかもしれません。

実際、できたことばかりを書いた文章を提出すると「反省点はないの?」と指摘されたでしょうし、短所を書かなければ「傲慢な子だ!」と思われてしまうこともあったわけですから、しょうがない部分もあります。

しかし「ない」から始まる思考が怖いのは、ゼロに戻るためには反省以上のパワーを要することになり、相当強い精神力を持っていない限りそれを維持し続けるのは難しいからです。下記の計算式をご覧ください。

100という数値があるとします。そこから2割減点し、2割加点するとどうなるか。

100 × 0.8 = 80

80 × 1.2 = 96

この計算からわかる通り、100には戻らないんですよね。元の位置、100に戻すためには、1.25倍しなければなりません。

ということは「反省⇒改善」の流れを無意識に行っていると…どんどんマイナスに向かっていくということになるわけです。良かれと思って反省・改善しているのに…すればするほど自信はなくなっていくことになります。

では、「できた!明日はもっと!」(2割加点、さらに2割加点)と考えるとどうなるか。

100 × 1.2 = 120

120 × 1.2 = 144

元の数値100の1.44倍。この差は歴然です。

手帳を使って思考習慣の改善を!

この計算式からもわかるように、日頃「ある」「できる」にフォーカスすることが自信をつけるためには大事なことです。日記をつけているのなら感謝日記やできたことにフォーカスした文章を意識して書きましょう。反省やネガティブな感情は一切書き残さないこと。これがとても大事です。

ただ、しばらくのうちは思考のゴミが邪魔をするはずです。できることばかりを書き出すことに抵抗心が必ず出てきます。

これを知っておくことも必要なこと。

これまで何十年と生きてきた中で身についてしまった「反省するクセ」「できない自分を探し出すクセ」を改善するには、多少なりとも継続したトレーニングが必要で、思考のゴミの存在と特徴を知らなければ挫折してしまうから。

これは、性格の問題ではないのです。知らず知らずのうちに身に付けてしまった「思考のクセ」で、改善することは可能です。

他人と比べることの無意味さを知る

自信が持てない理由のひとつに「あの人と比べて自分なんて」と思ってしまうということもありますよね。「他人と比べないこと」。それが大事だと知ってはいても比較してしまうのは「平等」という言葉にとらわれていることが一因かもしれません。

そもそも、私たちは生まれながらにして平等ではありませんよね。持っている遺伝子、環境、親、家庭の経済状況、人間関係…すべてにおいて他人とは異なっているのですから、スタート地点すら同じ位置ではありません。

得意不得意があって当然、向き不向きがあって当然。それなのに「あの人のようにできない自分はなんてだめなんだろう」と思ってしまうのは…なぜでしょうか。

これも…先にご紹介した思考習慣に話が戻るのですが、結局…知らず知らずのうちに作り上げてきた自分の思考パターンなんですよね。「できない自分を探すクセ」。全部平均的にできなければ「ダメ」という烙印を押されてしまうという怖さ。

実際には、他人の誰にも烙印を押す権利なんてありませんし、自分の思考が勝手につくり出している「怖さ」という幻想でしかありません。

ダメな自分は笑い飛ばしてしまえばいいのです。そんな自分もアリだと割り切ってしまうこと。それだけでも自分を責める思考習慣は改善されていきます。

自分の専門家としての自信を

自分に自信がない方へ。こう思ってみてはいかがでしょうか。

「自分自身の心の内を誰よりもよく知っている、自分の専門家として自信がある」という風に。

どんなに身近な人であっても、あなたの思考、感情をあなた以上に知っている人はいません。あなたという生き物を一番よく知っているのはあなた自身なのです。

・自分の思考パターンを分析し、それを改善するにはどう取りくむよう導けばよいのか
・欲しい未来を手に入れるために必要な材料を得るためにどこに出向かせればよいのか
・どんな人と会わせると、自分という人間はモチベーションが上がるのか

というように、自分という人間を客観視した上で、専門家としての指揮を執ってみるのです。

自分を攻略すること、思考パターンを矯正するよう環境を整えてあげること。それが、自分専門家としての自分の役割だと考えれば、自分に対する自信はついてきます。

すべては「思考習慣」「思考パターン」なのですから、それさえ改善してしまえば自信を身につけることなんて「簡単」なんです。思考のトレーニングは手帳を使うことでできるのですよ。

ぜひ、できることから実践してみてくださいね!

より詳しく手帳理論を学びたい方は、アゲナ式手帳術の受講をオススメいたします。

Pocket


毎日配信の無料メールマガジン「夢を仕留める力が身に付く365日手帳活用術」へのご登録はコチラからどうぞ。1,600人以上の方が購読しています!

夢を仕留める力が身に付く365日手帳活用術
お名前  *
メールアドレス  *

※「夢を仕留める手帳活用塾」メールマガジンにも自動登録されます



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月 「思考のデトックス合宿」募集開始

人生総清算作業「思考のデトックス合宿」の開催が決定いたしましたのでお知らせいたします。 「思考のデトックス合宿」とは 人生総清算作業とも…

アゲナ選書サービス 募集再開!

昨年スタートしたアゲナ選書サービス、好評につき継続することにいたしました。1冊15分程度で読了し、多い時では1ヶ月に数十冊の書籍を読むExイ…

2017年7月 「思考のデトックス合宿」募集開始

人生総清算作業「思考のデトックス合宿」の開催が決定いたしましたのでお知らせいたします。 「思考のデトックス合宿」とは 人生総清算作業とも…

【雑誌】スクール情報誌えら部:イントレコラムvol.10「イントレで何が変わるの?」

人生が変わる!大人の速読 ーイントレー 速読が進化!大人のための「自己実現教育」 スクール情報誌えら部に連載しているイントレ…

【雑誌】スクール情報誌えら部:イントレコラムvol.09「独学で習得はできる?」

人生が変わる!大人の速読 ーイントレー 速読が進化!大人のための「自己実現教育」 スクール情報誌えら部に連載しているイントレ…

動画販売開始!8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタIN沖縄

お待たせいたしました! 10月23日(日)に沖縄県浦添市の結の街で開催された「8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタIN沖縄」のDVD…

アゲナ式手帳術ベーシック(理論編)コース募集開始(3月)

アゲナ式手帳術ベーシック(理論編)コースは ・ 手帳がなかなか続かない ・ 手帳を使う意味がよくわからない ・ ワクワクする…

アゲナ式手帳術ベーシックコース募集開始(2月)

アゲナ式手帳術ベーシック(理論編)コースは ・ 手帳がなかなか続かない ・ 手帳を使う意味がよくわからない ・ ワクワクする…

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます! いよいよ2017年がスタートいたしました。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 何といっ…

今年もお世話になりました!プレゼント企画

2016年も大晦日になりました。 1年経つのは本当に早いものですね。今年立てた目標は達成できましたか? 私自…

思考のデトックスを行うにあたって。プレゼント企画あり

年末年始、みなさまいかがおすごしでしょうか。各SNSでアップしている通り、私は現在バリ島にきています。 半年に一度必ず行っている「思考…

アゲナ式手帳術ベーシックコース(理論編)のご感想

アゲナ式手帳術ベーシックコース(理論編)が先日行われました。 アゲナ式手帳術でお伝えしている理論は、潜在意識の仕組みや脳科学・心理学の…

チャンスの目利きの鍛え方

8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタIN沖縄の最後のあいさつで、私は「チャンスの目利きができる女性になりましょう!」と話したのですが、…

ページ上部へ戻る